レインボーブリッジを歩いて渡る遊歩道はどこ?

レインボーブリッジは、二重構造の吊り橋であり、上段は高速道路(首都高速11号台場線)であり、下段はゆりかもめ線・一般車道になっているのは周知と思います。時々タクシーの仕事でレインボーブリッジを歩いて渡れる場所まで乗せてくれないかと聞かれることがあり、徒歩で海上遊歩道を渡るときのポイントについて整理しました。

レインボーブリッジを歩いて渡る海上遊歩道は「レインボープロムナード」と呼ばれ、入場無料はですが営業時間や休業日があることに加え、強風など悪天候の場合には入場不可になる様子。

レインボープロムナード概要

  • レインボーブリッジの架かる岸にそれぞれ、芝浦ふ頭に芝浦側入口、台場ふ頭に台場側入口がある。橋の長さは約0.8km、レインボープロムナードは約1.7km、大人の足で対岸まで徒歩20~30分程。
  • レインボープロムナードは、レインボーブリッジ下段の一般車道・ゆりかもめ線の両脇にそれぞれ「ノースルート(北側遊歩道)」「サウスルート(南側遊歩道)」がある。
  • 自転車に乗っての通行不可、ペットを連れての通行不可。

レインボープロムナード芝浦側入口の地図

レインボーブリッジも視界に入りつつ晴海・豊洲エリアの景観を望みたい場合は「ノースルート(北側遊歩道)」、台場エリアの景観や歴史に興味がある場合は「サウスルート(南側遊歩道)」が良いと思います。基本的にノースルートとサウスルートは入口を除いて行き来できません。ただ訪問時は台場寄りの橋桁P31付近に1個所だけ行き来が可能な通路がありました。

レインボープロムナード芝浦側入口(芝浦ふ頭)

最寄り駅は、ゆりかもめ・芝浦ふ頭駅で徒歩5分程。レインボープロムナード芝浦側入口は、隣接しているレインボーブリッジ駐車場を目指すと分かりやすいです。芝浦ふ頭駅からレインボーブリッジ方向に車で進む場合、芝浦ふ頭駅近くにレインボーブリッジ一般車道に上がるスロープ(緩やかな坂)がありますが、スロープに入る車線を進まずにその左側の側道に入ります。そのまま、しばらく直進するとレインボーブリッジ駐車場の前を通り、その奥にレインボープロムナード芝浦側入口への路地があります。

れいんぼー1

レインボープロムナード台場側入口(台場ふ頭)

もう一方のレインボープロムナード台場側入口(台場ふ頭)までは、最寄り駅ゆりかもめ線・お台場海浜公園駅から徒歩15分程。車の場合、ゆりかもめ・お台場海浜公園駅のある海浜公園入口交差点を台場公園方向に奥の方まで入っていきます。レインボープロムナード台場側入口もお台場海浜公園北口駐車場に隣接しています。

レインボープロムナード台場側入口の地図

レインボープロムナードに行ってみた感想

見渡せる素晴らしい景観とは裏腹に、一般車道と隣接するレインボープロムナードは武骨な雰囲気。排気ガスで汚れて空気も悪くて、お洒落なイメージとは若干異なる印象を持ちました。また実際にレインボープロムナードを歩いて渡ると、片道だけで予想以上に体力を消費して、往路も徒歩で渡って帰ろうと考える人は少ないと思います。ランニングする人もいて、個人差があるのかもしれませんが、お台場など他の場所も観光したい方は体力も考慮に入れるのが必要と思います。

レインボープロムナードを徒歩で渡る時間の余裕がない方は、車で首都高速を渡る方法も一度は試してほしいと常日頃思っています。一般車道ではなく首都高速ならではのレインボーブリッジを渡る景観は素晴らしく、タクシーの仕事をしていなかったら知らなかったかもと思っています。

<レインボープロムナード:基本情報>

施設名
レインボープロムナード

通行料
無料

営業時間
9時~21時(4月~10月)
10時~18時(11月~3月)
※ 最終入場は30分前

休日
毎月第3月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始など

備考
強風など悪天候の場合には入場不可

参考サイト
レインボーブリッジ(首都高ドライバーズサイト)
レインボーブリッジ pdf 資料(東京都港湾局)

※ ブログ記事を書いたときの情報になります。