様々な国の言葉で「ありがとう」と言いたい

都心を流していると、今日は外国の方々が多く見かけるなという日が時々あります。多いときは1日にタクシーに乗車する方の半数以上が外国の方だったこともあります。タクシー業界で「外国人おもてなし」といった場合、利用者の多い英語と中国語に偏るのは仕方ないと考える一方、案外、日本国内の移動や交通手段でより不便さやストレスを感じるのはそれ以外の国の人かも知れないと思うことがあります。

1年程前、フランス人と思われる方々が家族でタクシーに乗車されたことがありました。東京で知人の結婚式に参加するために来日したらしく、目的地であった結婚式場へも無事に到着しました。料金清算時に「メルシー(フランス語で「ありがとう」の意味)」といったら、驚くほど喜んでくれたことが印象に残っています。続けて、カタコトの英語だったか日本語だったかで「フランス語はそれしか知りません … 。」と続けて話したら、ニコニコした顔で「その一言だけで十分です。」みたいな言葉が返ってきて、少し嬉しかったことを記憶しています。

簡単な挨拶程度は、その国の人の言葉で言えるようになりたいと思い、今では「ありがとう」だけなら、何とか10ヵ国程は言えるようになりました(笑。もし同じように考える方があれば、次の動画に参考して試してくれたら嬉しく思います。