個人ロードサービスへの加入のすすめ

中堅規模以下のタクシー会社の場合、車の故障やトラブル発生時に、会社でフォローできないケースやタイミングもあります。会社との相談になりますが、そんなとき個人でロードサービスに加盟しているとトラブル時の選択肢が広がり、個人で加盟しているドライバ-は少なくないと思われます。新人タクシードライバーだった頃は、年季のはいった車が回ってきて、仕事中にトラブルで動かなくなったことも幾度かありました...。

自動車保険会社などが提供するロードサービスもありますが、予期せぬトラブルに対してロードサービスの適用範囲を考慮すると場合、幅広く充実しているJAFのロードサービスがて安心できて無難に感じます。ただ、この辺りは車の使用頻度、あるいは車の利用者が家族で複数人いる場合、任意保険にロードサービスが含まれる場合などによって考え方は異なるのかも知れません。

独断と偏見によるJAF会員の良いところ

  • 幅広く充実しているロードサービス
    クルマ単位ではなく、人にかかる契約のため、社用車やレンタカー、バイクや原付はもちろん、同乗中の車も対象になる。(個人・家族会員。また、JAF側はOKでも会社やレンタカー側でNGの場合あり。)
  • 季刊誌、およびウェブサイトや動画サービスによる安全運転や事故防止の情報配信(会員以外も一部閲覧可)。
  • 各種割引が利用できる会員優待サービス。
  • 安全運転講習、その他イベントなど。

ロードサービスを知る |JAF

よく車を運転される方はJAF(日本自動車連盟)への入会が無難と考えます。年会費4000円程かかりますが、月換算では340円程。季刊誌には大手フランチャイズ店などで利用できる割引クーポンも入っており、上手く利用していくことで若干お得にできると思います。個人的にはプライベートでもカーシェアを利用する頻度が増えており、万一のトラブルの場合に備える意図もあります。今後、安全運転講習などにも参加したいと思っています。

個人ロードサービスへの加入のすすめ” に対して1件のコメントがあります。

  1. uk Paramotor より:

    These are genuinely great ideas in concerning blogging.
    You have touched some good things here. Any way
    keep up wrinting.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です