タクシードライバーになってみた感想

働いているタクシー会社によって若干の違いはあるかもしれませんが、タクシードライバーのメリット・デメリットについて整理しました。

タクシードライバーとして働いて良かったこと

  • タクシー会社は慢性的に人材不足。ドライバーの求人は多く採用のハードルは低い。
  • 年令・性別・学歴による差別はほとんどなく実力主義。営収や報酬に透明性が高い。
  • 日々の業務で基本的に完結する。基本1人業務の時間が長くストレスは少ない。
  • 休暇など比較的融通が効きやすく、比較的スケジュールの都合がつけやすい。
  • 道や営業ノウハウも真面目に努力すればストックされる。

タクシードライバーとして働いて悪かったこと

  • 基本的に体力勝負であり、健康管理に注意する必要がある。
  • 事故や違反によるリクスは大きく、突然仕事を無くす可能性がある。
  • 社会的地位は低く見られがちであり、ドライバー関連職以外つぶしが効かない。

「タクシー乗務員になるには?」項目のトップページに戻る