運営者自己紹介

当ブログをご訪問くださりありがとうございます。都内の某タクシー会社で働く現役タクシードライバー「たけのこの里2.0(仮称)」と申します。おくのほそ道(奥の細道)を真似て言えば、車(タクシー)のハンドルをとらえて老いを迎りつつ、日々の旅をより充実したものにすべく、2019年11月にブログを開設しています。

月日は百代の過客(かかく;永遠の旅人)にして、行きかふ年もまた旅人なり。

舟の上に生涯を浮かべ、川を行き交う舟の上で人生をおくる船頭、
馬の口とらへて老いを迎ふる者は、日々旅にして旅を栖(すみか)とす。

「おくのほそ道(奥の細道)」(松尾芭蕉)より引用。

人から誤解を受けやすいタクシーの仕事ですが、体力勝負が基本であり、限られた時間とルールの中で、スポーツをするように感じることがあります。柔軟な働き方が案外気に入っており、それぞれのライフスタイルと組み合わせも可能であり、そういう魅力の一端が伝われば嬉しく思います。

私は、隔日と呼ばれる2日毎約20時間のシフト勤務で、山手線南半分や東京湾付近を走っていることが多いと思います。コンビニなど軽食は避け、落ち着いてガッツリ外食したい派。
趣味は、旅行・温泉・B級グルメ。

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

ブログサークル powered by 人気ブログランキング(ブログ運営用)

運営者プロフィール

比較的自由にやってきた私にとって、興味が持てない仕事を同じ場所に毎日通って頑張れるかなと考えたとき、人とは違った選択肢を考えようと思いました。

タクシードライバーより過去
企業や団体のウェブディレクション(ホームページ制作)を主業務に働いていましたが、ビジネスに伸び悩みを感じ離れました。
タクシードライバーになる少し前
首都高などの運転経験は無く、都心での運転は怖かったと思います(笑)。ただ新しいことへのチャレンジには慣れており、今までも幾度もやってきたとの自負がありました。
タクシードライバーとして働く現在
仕事をはじめたときは、慣れない生活に疲労感があり、事故や違反が重なって、仕事を続けられるか不安に思う時期もありました。現在では仕事にも慣れて、より知識を深めて楽しいものにできればと考えています。

しばらくはタクシーの仕事を継続して深めつつ、様々な可能性も探っていきたいと考えています。現状「東京タクシーノート」に具体的なアイデアがある訳ではありませんが、コツコツ積み重ね、次の一歩に繋がればと考えています。

長文になり失礼いたしますが、当ブログをご訪問くださりありがとうございます。


トップページに戻る